愛知県海部郡蟹江町の甘強酒造株式会社は、清酒、みりん(味醂)、焼酎等の醸造元。長年の伝統に培われ製造された商品をご堪能下さい。

清酒、みりん(味醂)の甘強酒造 愛知県海部郡蟹江町 清酒、みりん(味醂)の甘強酒造 愛知県海部郡蟹江町 お問い合わせ
HOME商品一覧注文方法/送料イベント見学コーナー会社案内
ホーム / 新製品のご案内  みりん粕漬床
みりん焼きのたれ・みりん粕漬床 2014年06月19日
 
みりん焼きのたれ 300ml
300ml 【購入単位2本単位】

これ1本で野菜、お肉、お魚のみりん焼きができます。少し甘めのに仕上げました。   
使い方は非常にシンプル。素材にかけて焼くか、炒めるだけ。お肉のみりん焼き、魚のみりん漬けが完成です。また野菜炒めのみりんたれとしても重宝できます。胡瓜やにんじんをこれに漬け込むとお漬物が自宅で簡単にできます。

¥370(税抜き価格)
数量 本 
 
プロの味わいをご家庭で。魚の粕漬け・お漬物に。甘強酒造みりんの本格熟成「みりん粕漬床」。化学調味料・保存料無添加
みりんのやさしい甘さに、酒粕の香がほのかに加わり、素材の美しさをより引き出してくれます
みりん粕漬床製品画像
名称 みりん粕漬床
原材料名

本みりん、みりん粕、酒粕
本醸造しょうゆ(本醸造)(大豆、小麦を含む)、食塩

内容量 300ml ・ 1800ml 



みりん粕漬床 1800ml
1800ml 【購入単位2本単位】
(※300mlのご注文はこちらからどうぞ)

魚のみりん粕漬けや野菜の漬物などが『みりん粕漬床』に漬け込むだけで、安定した下味をつけることができます。
『みりん粕漬床』は半液状の為、素材への浸透が早いので調理時間が短縮できます。
みりん粕のやさしい甘味と、酒粕の華やかな香りが素材の美味しさを引き出してくれます。

¥1290(税込)  
数量 本 
【ご使用上のご注意】本品はアルコールを含む食品です。○使用する前に全体が馴染むようによく振ってからご利用下さい。○漬け込み時間が長いと濃い味付けになります○品質には万全を期しておりますが、原料米に由来する雑穀等が混入する場合がございます。○高温多湿・直射日光は避け、冷暗所で保存して下さい。○開封後は品質保持の為、冷蔵庫で保管して下さい。
ご家庭でプロの味わい!簡単レシピをお試しくだい
魚のみりん粕漬画像 魚のみりん粕漬け

余分な水気を拭き取った魚の切り身を「みりん粕漬床」に 12時間以上漬け込み、焼き上げて下さい。
(目安は魚の切り身3切れに本品100ml)

さらに詳しい説明はこちらから
お漬物 お漬物画像

1〜2時間塩漬けして、水気・塩を拭き取った野菜(キュウリ・ウリ・ナスなど)を「みりん粕漬床」に1〜2週間漬け込みます。

さらに詳しい説明はこちらから
鹿児島産地鶏のソテーのみりん粕ソース添えの画像 田楽味噌風ソース

○鹿児島産地鶏のソテー みりん粕ソース添え
みりん粕のやさしい甘さと酒粕の華やかな香りの甘辛いソースで和風テイストの一品に仕上げました!

詳しい説明はこちらから


みりん粕漬け「魚介類」の作り方
主な材料
さわら・たら・ホタテ・あかうお・まながつお・イカ・さけ・さば・あわび
@布巾・キッチンペーパーなどで、漬ける材料の余分な 水気をしっかり拭き取ります。
A@の魚介の切り身をそのままみりん粕床に漬け込みます。
ジッパー式のビニール袋に入れてもOK

※ 冷蔵庫にて保管
※ 魚の切り身3切れに本品100ml
 
B12時間以上漬け込んで、魚介類を取り出します。
※漬け込み時間が長いと濃い味付けになります。
C皮面から焼き上げます。
※基本的に、魚介類に付いた粕床は洗わずに、そのまま 焼き上げます。
切り身全体にみりん粕漬床がコーティングされており、この 部分が程よい具合に焦げ、より美味しく仕上がります。
 
みりん粕漬け「漬物」の作り方
白瓜・茄子・胡瓜・大根・人参・セロリ
@お好みの野菜をよく洗い布巾・キッチンペーパーで水気を取り、塩漬けにします。

1〜2時間が目安になります。
※きゅうり5本に本品(300ml)1本ぐらいが目安。
    お好みで増減
※塩漬けする時間が長いと塩分が濃くなります。
A塩漬けした野菜を流水で洗い、布巾・キッチンペーパーで水気をしっかり拭き取ります。
B容器(タッパー・ビニール袋)にAの野菜とみりん粕床を 入れ、1〜2週間冷蔵庫で漬け込みます。

※時々揉むと全体が馴染み、早く味が浸み込みます。
C白いご飯・お酒のおつまみに合う「お漬物」の出来上がり!

※漬け込む期間が長い(1ヶ月以上)としっかりとした味付けになります。
 
みりん粕漬床、塩、コショウ、白だし(ブイヨンもOK)、 鶏もも肉(鹿児島産)、 大根、
グリーンアスパラ、銀杏、 しめじ(写真:むらしめじ)、人参、 絹さやえんどう
@鍋に『みりん粕漬床』を入れ火にかけます。
焦げないように、木杓子で混ぜながら加熱します。
分量は適宜。
A1割ほど煮詰めてアルコール分を飛ばします。
Bお好みで、白だし・ブイヨン等で濃度を調整します。
C肉料理・野菜などに田楽味噌感覚でご使用ください。 お好みで、しょうゆ・味噌などをブレンドしてもOK!

鹿児島産地鶏のソテー みりん粕ソース添えの作り方は以下のようになります。

鹿児島産地鶏のソテー みりん粕ソース添えの作り方

(1)野菜類は下処理(皮むき・スジ取り・切り出し)をして湯がいて火を通し、白だしで下味をつける。

(2)鶏モモ肉は塩コショウして、フライパンで皮面からソテし火を通す。

(3)盛り付け 写真参考

   
   
 

 
特定商取引に基づく表示プライバシー・ポリシーお問い合わせ
Copyright (C) 2002-2006 甘強酒造株式会社 All rights reserved.